<< 引越し五十三次 第二話「柚子危機一髪」 * main * 引越し五十三次 最終話「さよなら核家族」 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

●8月5日土曜日 引越しの続き
柚子と母ちゃんとお別れをして、野次さん喜多さんと引越し後半戦へ。
目指すは弟の家。

車中、いろいろ話をしました。

父 「引越しって多いんですか?」
野次「ウチは基本的に運送屋だから、引越しは土日だけだよ」
喜多「でも今日は、この他に3つくらいはいってたね」
父 「へぇ。そうなんすか。じゃぁお休みは交代でとるんですか?」
野次「普通は日曜なんだけど、引越しが入ったりすると交代したり。明日は休みだからいいけど、引越しの次の日が休みじゃないとけっこうきついよなぁ。」
喜多「俺なんか3週連続だよ引越し。来週は嫌だよ。絶対。」

いい感じです。

父 「運転て、交代制でやるんですか?」
喜多「・・・・・」
野次「おい!運転しろよ!帰りは。」
喜多「wwww嫌だよ。俺、この車嫌いなんだよww。それに今日俺助手だしw」
野次「ちょwww」
喜多「わかったよww運転するよぉ。」
父 「wwwww」

すんごい楽しい。この2人素敵。

弟宅に到着。
エレベーターなしの5階。野次喜多覚悟を決めた半笑い。
先に弟の部屋へ行って、到着を報告。

父 「おいっす。引越し屋、おもろいぜww」

弟と下に降りて、大物以外の荷物を運ぶ。しかし今日は暑いね。

野次喜多、冷蔵庫、続いて洗濯機を運ぶ。
5階の弟の部屋で待っていると、階段からなにやらガヤガヤ笑い混じりの声が聞こえてくる。楽しそうwww

汗びっしょりで運び終わる。弟と拍手で迎える。
冷たい水を献じ、それを一気に飲み干す。もう一杯誘うと、

野次「いや、いいです。まだまだ先があるから。」

と一瞥してった。かっこいい。

そしてTOKYOを後にし一路埼玉の嫁の実家まで!

※柚子が登場しないのでここで写真をば。
柚子
「かわいい」っていうとクビを傾げます。


車中、いろいろ名言を聞けました。

曰く、
野次「首都高こんなに造ったって渋滞が増えるだけ」
野次「高速が込んでるときは値段半額にしたらいい」
喜多「こないだETCでゲートが開かなくてぶつかった」
野次「運転中にどうしても眠くなったときの裏技?うーん、そうだなぁ。ちょっと寝ること」
野次「トンネルを抜けると雪景色だった」
喜多「ETCゲートを、最高60kmで通過したよ」
野次「眠いからなんか喋ってよ」

などなど。

そんなこんなで栃木の実家に運ぶ終わったのが日が落ちだした18時ごろ。
野次さん喜多さん、本当にお疲れ様でした。
料金を払って、2人はすぐに東京へトンボ帰り。大変だなぁ。

久しぶりの実家で一息ついて、親父と飯を食べに行くことに。
その車中で携帯が鳴る。野次さんから。

野次「なんかお金もらいすぎちゃったみたい。ごめん。今から返しにいきます。」

なんでも、当初予定していた家電の廃棄がなくなったのでその分安くなるとのこと。
いやいや、さっき払った代金で十分安いですよww

自宅に引き返し親父と野次喜多を待つ。
親父がイライラし出した(待つことが嫌い)ところで到着。

運転手に駆け寄るとそこには喜多さんが。

父 「あ、運転変わったんですねww」
喜多「そうそうwwあっちにまわって」

助手席の野次さんから8千円も返金!本当に安い。激安。大満足。


父 「わざわざありがとうござました。本当に今日はありがとうございます。弟が引っ越す予定があるので、その時はお2人指名しますねw」
野次喜多「絶対にやめてwww」


(最終話へつづく・・・)

●柚子が登場しない→クリック

人気ブログランキング
↑応援クリックしてね >(●'ε'●)

Comments
引越しおつかれさまでした〜!
野次喜多さんゆかいですね。掛け合いがいい感じ。でも父さんも、楽しい人な気配します(^▽^*
大変なはずの引越しも、メンバーしだいですごく楽しくなるんですね♪









トラックバックURL
http://orenoko.jugem.jp/trackback/170
トラックバック