一定期間更新がないため広告を表示しています

関東雪。

洗濯も部屋干し。

2階でご機嫌で洗濯を干しているとフタ子のつぶれた低い泣き声に慌て駆けつけると、フタ子が、ゴミ箱に頭突っ込んで、逆立ちしながら苦しもがいているではありませか!!

その姿をみて、彼女の将来に十分期待できると確信。

でも、母が手をかし無事に脱出したのち、すぐ、学習しないフタ子は、また同じ格好で苦しもがいていた。

その姿をみて、彼女の将来に少し不安を感じた。
新しい年が始まって、21日。

新年早々、フタ子が熱を出し、次にユズ子、ユズ子辺りは、熱が42度まで上がりビックリ仰天、そして、父さん。
やっとこさ、父さんの体調もそこそこ回復してきてやっと一息ってところです。

家族の調子が悪ければ、私のMacちゃんもご機嫌斜め。
少しの振動で、電源落ちます。
ついには、イライラしてMacちゃんを開く回数が激減し、現在に至る。

でも、今日は少し機嫌がよろしいようなので、近況を少々記してみる事に。
昨日の日曜日は、関東に雪ニュースで、うちも大騒ぎ。
昼間は、じいのスタッドレス騒動にお付き合い。
天気予報、まんまとはずれる。
その後、兼ねてから、父さんと約束していた、お買い物。
でも、チャンスに弱い母さんは、またしても、出掛ける寸前に偏頭痛。
昨日のは、ひどくて、何回も吐いたとさ。
そこで、父さん、ユズ子と二人でお買い物。
お買い物が実に苦手なうちの父さん。
行ったのはいいけれど、何も買ってこれないんじゃないかという心配をよそに、しっかり、買物終わったよの入電アリ。

ちょっと、感動。
やればできるじゃん。

しかも、その時、彼らは、アフタヌーンティーでお茶をしているところだったみたい。
まるで、恋人同士。
少々、嫉妬。
二人が無事に帰ってきた頃には、母さんの偏頭痛も快方に。

そして、月曜日。
三人で車の掃除をして、昨日から「カレー食べたい」と騒ぐユズ子の願いを叶うべくお昼は、キーマカレーをこしらえる。
公園に行こうと思ったけれど、あまりの寒さにお布団にくるまりDVD。
そのうち、うちの彼女達は、夢の中。
可愛いなあ。
そこで、母さんは、愛犬達の散歩に一時間半を費やし、リフレッシュ。
そのうち、ユズ子が起床。
寝ているフタ子をばあに預けて、ユズ子に耳ほっかをあて、ちゃりんこであてもない旅に出る、母娘。

ユズ子が、お月様をみつける。
すると「ママ、お月様欲しい、お金頂戴」と言うではありませんか。
母さん、急な事でなんと返していいかわからず、大笑い。
でも、こんな時、気の利いた言葉の一つでも返してあげなきゃいけないなとすぐ反省。
センスないな、私。
父さんが帰ってきたらどんな言葉を返してあげたらよかったか、聞いてみよう。
夫婦会議。

そして、フタ子。
またまた、鼻水ちゃん。
覚えたての「ママ」を誇らしげに低い声でしつこい位に連呼。
前髪も切って可愛さ倍増のうちの次女。

健康第一。
あけましておめでとう。
今年も宜しくお願い致します。

年が明けて7日目。
うちの企業戦士は本日より本格的に始動。
2007年は、散々妻としての私に駄目だしされ、ふてくされてみたり、無視してみたり、むかついてみたり、幼稚に参戦してみたものの、ことごとく惨敗したので、2008年は、路線をかえ、これでもかというくらい、内助の功とやらに専念してみる予定。
今年こそは、うちのひげのっぽを倒してみせる。

そんな野望を胸にやるきだけはみなぎる2008年。
そして、今年の彼女達もおもしろい。
どんどん成長を遂げる彼女達に乞うご期待。

でも、心配なのは、今年から3年間、私は、女の大厄。
今日は、娘達を連れて、厄を祓いに行く予定。

厄にも負けず、今年もタノシイコトバカリアリマスヨウニ。

さて、今から、洗濯。
曇りだけど。
TVからODAさんの歌声が。

今年もクリスマスが終わった。
2007年、残りあとわずか。
柚子ちゃん
サンタからのプレゼントは無事あけることが出来た。
RODDYとPOPなマラカス。
サンタ、ありがとう。
でも、ユズ子は大興奮でサンタからのプレゼントだと親達が言い聞かせても言い聞かせても「ママ、ありがとう」と言う。
少々、残念な結果に。
二人ともプレゼント気に入ってくれているようだからよしとしよう。

2007年、あっという間だね。
ODAさんの歌声でセンチメンタルになっているから、今年の反省やら感想やら、来年の豊富などなどは、もう少しあとにしよう。

あと、6日。
皆さん、2008年を楽しく迎えられるようにがんばりましょ。
メリークリスマス。

昨日、連休中、八王子に二泊の旅に出たおっとさん帰宅。
寿司を手みやげにご機嫌。

我が家は、昨晩、お家でクリスマスパーティー。
ケーキは、いつも失敗するから、近所の美味しい印のケーキ屋さんで事前予約。
料理を頑張った私。
昨日は、愛おしい愛おしいデロンギオーブンで、エビのアーモンド焼き、チキンのタイム焼き、茄子とトマトのグラタンケーキ型、クレソンとほうれん草とベーコンのソテーサラダを6時からせこせこつくり初めて、完成9時くらい。
昼間は大掃除していたもので、出来上がりがおっせーぞとみんなにぶーぶー文句言われながらのクッキング。

テーブルには、私の尊敬するお花の先生から届いたクリスマスプレゼントの真っ赤なアレンジをセッティングして、大大大満足な夜。

乾杯は、アップルタイザー。
父さんはビール。

先生、素晴らしいクリスマスプレゼントを有り難うございました。
素敵なおフランスの旅にいってらっしゃいませ。
来年、お会いできる日を楽しみにしております。

先生とは、年も近いという事で、とてもお話が合い、今回の先生のおフランスの花器やリボンなどを探しに行く旅にも誘って頂いた。

いつか、御供します。

そうそう、昨晩、先に寝てしまったフタ子はクリスマスパーティー欠席。
あまりにも可哀想だから、父さんが疲れて寝ている間にこっそり興奮気味で眠れないユズ子と目覚めたフタ子と母の三人で再度女だけのクリスマスパーティー。

三人で、乾杯して、お食事。

そして、布団に川の字に寝ながら、彼女達にサンタさんのお話をした。
せっかくいい話なのに、ユズ子はサンタさんが怖いらしい。
この前、二人で本屋で立ち読みしにいった時にみた絵本のサンタさんがユズ子のタイプからかけ離れていたみたい。
恐怖まで覚えたそうで、昨晩届いたサンタさんからのプレゼントをあけようともしない、変わり者のユズ子。

フタ子もフタ子で、食い気に勝るものはなく、プレゼントに見向きもせず、昨日の残りの料理を一人でたいらげた大食い。

残念ながら、今尚、プレゼントはあけられないまま放置されている。

こんな二人に来年もサンタはやってくるのでしょうか?

あと、お父サンタからおもしろクリスマスカードが届きました。
そして、お父サンタにも、お母サンタからクリスマスプレゼントが贈られました。

こんにちわ。

今週末は、クリスマス。

昨日は、ユズ子と母さんは二人でデート。
クリスマスグッツのお買い物。

ベビーカーを持っていったけど、邪魔になっちゃった。
お顔を真っ赤にして、クリスマス仕様のディスプレイをのぞいては大興奮。
途中、人ごみに私の姿が隠れると「ママ、どこか?」と大声で叫んで、私が答えると遅い足で一生懸命かけてくる。

母に振り回されて少々疲れたところで娘に「ジュースでも飲む?」と誘われた。
だから、二人でお茶したわ。

ユズ子は、400円の鉛筆をお買い上げ。

帰りの駅のホームでベビーカーに自分で乗り込み一秒で寝た。
随分、歩いたからね。

今朝もスーパーに出掛けたら、そこには、子供用のカートがあって目を輝かせながら、ベーコンと卵、お菓子にホットケーキミックスをカートに丁寧に並べてぶつぶつ言いながらお買い物。
彼女は、お母さんにでもなったつもり。

最近、ごっこ遊びが大好きで、色々な世界を創りだす。

一方、自由な次女フタ子は、今もキッチンのテーブルの上によじ登りテーブルの上の物を全部ほうり投げる。

私の顔みて何で怒られないのか不思議そう。

今から、母の雷がおちまっせぇ。
でも、めげないフタ子には、最近お手上げ状態。
三十路。

永遠に若いと信じていたけども、体の方はそうもいかないようで。

昨日、昼頃、急な胃痛に苦しみ、夕方には、背中の激痛に耐えられなくなって救急病院へ。

点滴。

入院しろと元気のいい女医にすすめらましたが、丁重にお断りして帰宅。

本日、検査。
結果、十二指腸潰瘍と胃潰瘍を患い、胆のうにはポリープが。

今すぐどうのというわけではないですが、潰瘍は、結構深刻なようで、「潰瘍のせいで今回胃炎もおこしているので無理するな」と女医。

無理するなと言われても、無理。

一日中、大騒ぎな二人がうちにはいますから。

さすがに今日は、二人の相手をするのは、つらいなと感じる母さんです。

師走。
残りなんとかがんばらないと。
北風の吹く埼玉県。

寒い、寒い、寒い。

でも、子供は風の子。
昨日も今日もチャリのかごにはたま(愛犬)、前にはフタ子、後ろにはユズ子、ユズ子はたま子をおんぶして、お外に遊びにゆきました。

何が楽しいのか、走り回ってるユズ子とたま。
フタ子は、芝生のお山をあやまって回転しながら下山。
スタントマンみたい。
かっこいい。

みていたユズ子もやってみた。

遊び心に火がついた二人は、のぼっちゃあころころを繰り返す。

たまはそんな二人を追いかけて何往復もするはめに。

元気がいいな。

向かい風が吹く帰り道。

静かになったと思ったら、二人と一匹は、ぐらんぐらんしながらお昼寝。
こっちを押さえてあっちを押さえて。
無事に帰ってこれてよかったね。

山の上の柚子

羽黒山の二葉
今朝、愛犬リッキーが天国へ。

最後は眠るように。
私が看取った。

16年と7ヶ月。

HIP HOP育ちの彼は、少々手がかかったけども、おばあちゃんに大事に育てられた。

今は、真っ白いタオルに包まれておばあちゃんの部屋で眠っている。

普段、冷静なおおばあが、涙をみせる。
おおばあの涙をみたのは、初めてかもしれない。

「いつも、りっちゃんと一緒だったから」
と、何度も何度も涙を流す。

あと少しで90歳を迎えるおおばあの大事な大事な相棒だった。

リッキーは、幸せだったと思う。
おおばあも。

これからのおおばあが少し心配だけど、リッキー、今までありがとう。
人と接する事が少し不得意なおおばあのいつもそばにいてくれて。

これからは、おおばあの事私達が今まで以上に大事にするよ。
土曜日。

劣化の気になる30歳、昨日、ついに粉末コラーゲン購入。
義妹あきこからもらったヒアルロン酸と共に常飲中。

即効性を求める30歳。

これで、駄目なら美容外科。
金があったらどんなにいいか、プチ整形。

本日私は、1か月に1度のブーケ教室の為、朝早くから神奈川くんだりに出掛けて行きました。
6時にかけた3個の強力目覚ましとじいのモーニングコールを無視して安眠中、韓国から帰国した彼女がすんごい勢いで部屋に殴り込み。
一瞬で目覚めた私は、7時をさす時計にやってしまった感を隠せずに。
すぐに思い直して奇跡の自宅10分後出発を果たし、今日の始まりも慌ただしく。

駅に向かう車で無事タイツを履く神業まで披露。

あたたかい日差しの指す変わりゆく景色を堪能しつつお教室。

埼玉から神奈川に通う私をバカにする我夫。

笑ってごまかす、楽しいもん。

本日の作品バック型ブーケ。
最高級の花材を遣ってできあがった作品に満足しながら、向かうはお江戸。

ユズ子と父さんが、お迎えに。

途中、乗り換え品川にて、ハンバーグを食し、鏡をみてコラーゲンの効果をチェック。
継続は力なり。

本屋で立ち読み。

遅ればせながら、無事家族と再会を果たす。
ユズ子に逢いにしゅうくんとああこも双子の勤める会社に集合。
ユズ子は、しゅうくん、ああこが大好きだから再会は意外に冷たくて。

そして、しゅうくんとああこと新宿にてお買い物。

その後、こりちゃんも合流。

師走。
ライトアップされた新宿は人ごみであふれ、ご飯屋さんもどこも大行列。

結局、蕎麦屋さんで何とかご飯。

たいせいも後にやってきて、そば湯を飲んで、何だかユズ子は、たいせいにべったりで、こりちゃんは恋もしてないのに失恋した気分を味わうはめに。

子連れは、お先。

残りの大人達は、眠らない街新宿にまたくりだしていった。

今年も12月。
慌ただしくなってきました。


<< 2 / 19 >>